忍者ブログ

アイドルマスターメイン二次創作小説同人サークル「とんかつうめ茶づけ」のブログです。現在は「アイドルマスターシンデレラガールズ」橘ありすメインで活動しています。たまに日常やリアルなアイドルのことも書くかも。

2018 . 10||
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



    「プロデューサー!」
    夜のショッピングモール。
    ジーンズショップの前に彼の姿を見かけたやよいは、
    大きな声で彼に呼びかけた。
    「やよい、驚かすなよ。
     それにそんな大きな声出して、周りに気付かれたらどうする?
     ……ま、元気なのは結構な事だがな」
    「ごめんなさーい」

    お互いオフタイムで私服姿でいる二人は、
    知らない人が見れば仲の良い兄妹のように見えるが、
    今や、やよいもメジャーアイドル、
    誰かが目ざとくやよいを見つけないとも限らない。
    もっとも、運良く誰にも見つかることもなかったが。

    「やよいは買い物か?」
    やよいの両手にぶら下がったスーパーの袋をみれば一目瞭然ではあるが。
    「はい! プロデューサーは何をしているんですか?」
    「俺はジーンズが古くなって穴が空いてしまったから、
     新しいジーンズを買いに」
    「でも、プロデューサーが今はいているの、穴空いてませんよ?」
    「あぁ、今買った新しいのにはき替えたから」
    「じゃあ古いのは……」
    「この袋の中さ。長くはいていて愛着もあるから、捨てるのも心苦しくて」
    「捨てるなんてもったいないです!
     プロデューサー、その穴が空いたジーンズ見せてもらっても良いですか?」
    「ああ、いいけど」
     膝の所に10円硬貨大のすり切れた穴が。
    「これくらいなら何とかなります。
     プロデューサー、これ、少し預かっても良いですか? 必ず返しますから!」
    「あぁ、構わないけど。そうだやよい、今帰りならクルマで送って……」
     彼が言い終わる前に、やよいは忽然と姿を消していた。

    それから数日後……。
    「プロデューサー、この前のジーンズですけど、出来たので見てもらえますか?」
    事務所に出勤したやよいが、開口一番そう告げて、
    胸に抱えた袋からジーンズを取り出してみせる。
    それは、膝の穴が空いた所だけではなく、
    至る所にアップリケやワッペンによる補修がなされていた。
    「これ……やよいがやったのか?」
    「はいっ!」
    そして、さらに気付いたのは……。
    やよいがはいているデニムのスカートと、それはお揃いだったこと。
    一瞬「はくのがもったいない」とのど元まで出かけたが……。
    「ありがとう、やよい。今度のオフ、お揃いのコレはいて遊びに行こうな」

    少しほほを赤らめながら喜ぶやよいの笑顔は、
    プロデューサー専用のオーダーメイド。


    拍手[0回]

    PR

    ● Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ● この記事へのトラックバック
    Trackback URL
    Script:Ninja Blog  Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]
    ▼ カレンダー
    09 2018/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    ▼ カウンター
    ▼ 最新CM
    ▼ プロフィール
    HN:
    星 倫吾
    性別:
    非公開
    ▼ バーコード
    ▼ ブログ内検索
    ▼ P R
    ▼ 忍者アナライズ